PF2-AE Inspection インフラ点検

SOTEN(蒼天)で開発したセキュアなシステムを搭載し、より進化したインフラ点検ドローン

  • 作業員によるプラントの高所点検は、足場を組む必要がありコストが高く、安全性の面でも問題がある
  • 詳細な状況把握ができるように、ズーム機能付きカメラや赤外線カメラなどを使用したい
  • セキュリティの面でも安心して使用できる国産ドローンがよい
このような課題を解決できるのが、ACSL製のPF2-AE Inspection(インフラ点検)です。
 

機体の特徴

水平方向360°の衝突回避を備えており、安全な操作が可能

ズーム機能搭載カメラや赤外線カメラなど、4種類のカメラから選択でき、同一のジンバルでカメラの付け替えが可能

標準送信機1台とACSL製のリモートIDモジュールが標準搭載されており、無人航空機の登録制度にも対応

専用アプリケーション「TAKEOFF」により直感的な操作が可能

 

 

 

スペック紹介

 

項目 詳細
全長(プロペラ範囲) 1,173mm
高さ(カバー上面まで) 526mm
高さ(アンテナ含) 654mm
重量(バッテリ2本含) 8.2kg(DSC-QX30U搭載時)
飛行速度(完全自律飛行時) 水平:10m/s、上昇:3m/s、下降:2m/s
最大対気速度 20m/s
最大飛行時間 22分(DSC-QX30U搭載時)
カメラ 以下4種類より選択 SONY 「α7R IV」 (フルサイズカメラ) FLIR 「Duo Pro R」(可視+赤外線カメラ) SONY 「UMC-R10C」(APS-Cセンサ) SONY 「DSC-QX30U」(30倍ズームカメラ)
標準搭載 ・標準送信機(スマートフォン無)1台 ・水平方向360°の衝突回避機能 ・専用アプリケーション「TAKEOFF」 ・リモートIDモジュール

 

>ドローンスクール×国産ドローン

ドローンスクール×国産ドローン

近年『空の産業革命』と呼ばれ著しい発展を遂げているドローン業界ですが、様々な国際問題等により脱中国製の動きが活発になってまいりました。
もう既に中国製ドローン排除の制限がかかり始めています。
官公庁職員の方やインフラ点検を行なっている事業者様等幅広い方々の導入実績があります。

蒼天SOTEN・PF2・Fi4やドローンスクールについては下記よりお問合せください 。

CTR IMG