蒼天

飛行データ・撮影データや通信等に対するセキュリティ対策がされた国産の小型空撮ドローン ※リモートID対応


  • 防災、点検、測量などの分野でドローンを活用しているが、飛行データ、撮影データ、通信等のセキュリティ面での不安から、国産のドローンに置き換えたい
  • 屋外での活用を想定しているため、風に強く、防塵・防水性に優れた機体がよい
  • ドローンを活用する場所が広域に渡るため、小型で拡張性の高い機体が良い
  • 誰でも操作が可能なように、ユーザーインターフェイスが分かりやすいドローンがよい

このような課題を解決できるのが、ACSL製の小型空撮ドローンSOTEN(蒼天)です。

セキュアな国産ドローンで“技術を守る

ISO15408に基づくセキュリティ対策を施し、データの漏洩や抜き取りの防止、機体の乗っ取りへの耐性を実現しています。機体の主要部品には国産品もしくは信頼性の高い海外からの調達品を採用し、通信の暗号化、国内クラウドでの取得データの保護などのセキュリティ強化を図っています。
※コンピュータセキュリティのための国際規格

セキュアな国産ドローンで“技術を守る

ワンタッチで切り替え可能なカメラ

小型空撮ドローンでは初となるカメラのワンタッチ切り替え方式を採用することで、幅広いカメラの選択肢を提供することが可能です。カメラは標準カメラの他、赤外線カメラ+可視カメラ、マルチスペクトルカメラ、光学ズームカメラ(開発中)との交換が可能です。

ワンタッチで切り替え可能なカメラ

閉域網LTE通信やオフライン対応地図など幅広い拡張性

LTE通信の活用では、インターネットを介したドローンの操縦が可能となるため、山間地やプラント内等の遠隔地等で、自動飛行による補助者なし目視外飛行(Level3)ができるようになります。オフライン地図の活用では、インターネットが使えない環境でも、コントロール側の基地局アプリにオフライン地図を表示し、ドローンを自動飛行させることができます。また、機体上部にカメラを取り付けるためのマウントも開発しており、インフラ設備の点検画像を下から撮影することも可能です。

閉域網LTE通信やオフライン対応地図など幅広い拡張性

実現場で求められる飛行性能を持つ機体

最大対気速度15m/sと風に強く、災害時などの厳しい環境下でも安全に使用することができます。また、日本においてより高精度な位置情報を把握することができるSLAS/SBAS(準天頂衛星システムみちびきのサブメータ級測位補強サービス)を搭載しており、災害での調査など正確な位置情報を把握する必要がある場面では、より安全に離着陸することを可能とします。

スペック

項目 詳細
寸法 アーム展開時:637mm×560mm(プロペラ含む)
アーム収納時:162mm×363mm
機体重量 1,720g(標準カメラ・バッテリー含む)
最大離陸重量 2,000g
最大飛行時間 標準カメラ搭載時、風速8m/s条件下:25分
標準カメラ非搭載時、風速8m/s条件下:29分
最大伝送距離
(障害物や電波干渉がない場合)
4km
防塵・防水性 IP43(カメラ、ジンバル、バッテリー搭載時)
標準カメラ 動画4K対応 静止画時2,000万画素
オプションカメラ 赤外線カメラ+可視カメラ / マルチスペクトルカメラ
光学ズームカメラ(開発中)
リモートID Bluetooth
GNSS GPS+QZSS(準天頂衛星みちびき)+SLAS/SBAS
クラウド 撮影画像・動画保管機能 / フライトログ保管機能
セキュリティ対策 フライトログ・撮影データ漏洩防止
通信の暗号化 / 機体と送信機のペアリング
機能 自動飛行 / 画像トラッキング
3方向センサによる衝突回避
機体制御プロトコル MAVLink準拠
付属品 標準送信機 / バッテリー(94Wh)
標準充電器
セキュアフライトマネジメントクラウド※(3年分、5GB)
オプション品 スマートコントローラー / 送信機フード
予備プロペラ / 教習送信機
プロペラガード / LTE通信モジュール
収納ケース(ハード) / 予備バッテリー(94Wh)
収納ケース(ソフト) / マルチマウント
3連充電器 / 上部カメラマウント(開発中)

※ドローンで撮影した画像等のアップロードやフライトログの保管等、WEB上で一元管理できる、株式会社NTTドコモが提供するクラウドサービス。「セキュアフライトマネジメントクラウド™」は、株式会社NTTドコモの商標です。
詳細は、株式会社NTTドコモのWEBサイトをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/sfm-cloud/

自動制御技術で世界をリードする、ACSLの実績

ACSLは創業後、技術を社会実装することで様々な課題を
解決してきました。新たな課題に挑むことでACSLの実績
は更新されていきます。

日本初、補助者なし目視外飛行を実現

ACHIEVEMENT 01

日本初、補助者なし目視外飛行を実現
日本で初めて、Level 3(補助者なし目視外飛行)を日本郵便と2018年11月に実現しました。ドローンを使った郵便局間の輸送を実施しています。
ISO9001・JUAV認定第一号を取得

ACHIEVEMENT 02

ISO9001・JUAV認定第一号を取得
国際標準化機構(ISO)が定めた国際的な品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO9001」の認証と、小型回転翼無人機では初となる、日本産業用無人航空機工業会のJUAV認定第一号を取得いたしました。
世界で初めて上場したドローン専業メーカー

ACHIEVEMENT 03

世界で初めて上場したドローン専業メーカー
2018年12月21日、ACSLは東証マザーズ市場に上場しました。ドローン専業メーカーとして世界初のIPOとなります。
ACSLはグローバルなチーム編成

ACHIEVEMENT 04

グローバルなチーム編成
ACSLは自動制御技術の分野で世界をリードすべく様々な国籍にまたがりチームを編成しています。(アメリカ、スウェーデン、中国、ネパール、ドイツ、フランス、オランダ、オーストリア、シンガポール、インド、日本)

ACSLの価値

社会実装するためのビジネスモデル

ACSLでは、技術が社会実装されるために「本当に何が必要なのか」と問い続けています。その結果、単純にドローンを買うのではなく、しっかりと目的・課題設定をし、それを解決するために必要なドローンや周辺技術を包括的に検討する必要があると結論づけました。これを実現するために、ACSLでは、「概念検証型アプローチ」を採⽤しています。ドローン導⼊の打診を受けて、ドローン活⽤による課題解決の概念検証と⽤途に応じた特注システム全体の開発、そして、その後の特注システムの量産供給を⾏います。これにより、顧客は早い段階でドローンの有効性や導入上の課題などを検証できるようになります

APPROACH

成長モデル
STEP型の概念検証型アプローチ

OUR CAPABILITY 01

UNIQUE CONTROL
TECHNOLOGY

あらゆる環境に適した「小脳」「大脳」を
提供できる制御技術

ACSL最大のコア技術は、ドローンの「小脳」「大脳」のすべてを独自開発していることです。 これにより、顧客のあらゆる要望に対して、最適な制御技術を開発・組み合わせることが出来ます。 制御はドローンの挙動を司る最も重要な技術であり、自社で開発しているからこそセキュリティも万全です。 この技術を活用することで、ドローンが自律的に環境を認識したり、非GPS環境で飛行したり、人をAI検知して安全挙動をする、などが可能となります。

迅速な試作から、大量生産までをカバーする開発力

OUR CAPABILITY 02

RAPID PROTOTYPING TO
MASS PRODUCTION

迅速な試作から、大量生産までを
カバーする開発力

ACSLでは、概念検証(Proof of Concept)を重要視しています。ドローンという新技術が、どうすれば人々の課題を解決できのか、まだ分からないことが数多くあります。ACSLでは、概念検証を行うための原理試作の開発を迅速に対応し、実現場での技術・ビジネス検証を可能とします。技術検証が完了した後は、実導入に向けた量産化開発も対応しております。(ISO9001取得済み)

幅広い、技術カバレッジ

OUR CAPABILITY 03

WIDE RANGE OF
TECHNICAL COVERAGE

幅広い、技術カバレッジ

顧客の真の課題を解決するためには、制御技術のみでは解決できません。ACSLは、社内外にハードウェア、ソフトウェア、航空力学、画像処理、人工知能、製造技術等、幅広い技術カバレッジを持っています。これにより、顧客はワンストップとして利活用を相談頂くことで、あらゆる技術ニーズに答えていきます。 ACSLが国際色豊かなことから、グローバルで必要な技術をカバーすることが可能です。

 

>ドローンスクール×国産ドローン

ドローンスクール×国産ドローン

近年『空の産業革命』と呼ばれ著しい発展を遂げているドローン業界ですが、様々な国際問題等により脱中国製の動きが活発になってまいりました。
もう既に中国製ドローン排除の制限がかかり始めています。
官公庁職員の方やインフラ点検を行なっている事業者様等幅広い方々の導入実績があります。

蒼天SOTEN・PF2・Fi4やドローンスクールについては下記よりお問合せください 。

CTR IMG