ACSL 正規販売店 -Fukuoka-

 

| 国産ドローン現状

ドローン市場では現在中国製ドローンが世界シェア7割を誇っています。一般に趣味等で使う際には今まで通り中国製ドローンを使う事には問題は有りません。ですが、近年ドローンの産業利用が活発に進むに中で、ドローンは、通信ネットワークを介して撮影写真や飛行情報を情報システムに保存している為情報漏えいの懸念など安全保障の観点から国産ドローンに対する注目度が高まっています。

実際に政府は2021年までに保有している1000機程のドローンを国産に置き換えると発表しております。アメリカ政府も2019年には組織内での中国製ドローンの使用を停止しております。

防衛や犯罪捜査、重要インフラの点検、測量や救難など重要業務で活用されるドローンは、国が指定したドローン機体のみの使用を認めるとしています。

新たにドローンを調達する際は事前に内閣官房によるリスク評価を受けることを義務化しており、重要業務以外でも第三者に乗っ取られればテロや犯罪に悪用されかねない(内閣官房)として交換を積極的に進めていきます。

※飛行訓練などセキュリティー求められない業務に使用する際のドローンは対象にならない
 

株式会社ACSLとは千葉大学野波健蔵研究室から生まれた大学発ベンチャーで2013年11月に設立したドローン専業メーカーでは国内唯一の上場企業であり、独自開発の自律制御システムを用いた産業用ドローンの開発・製造・販売を行っている。また、他社と共同開発やドローン宅配便の実証実験なども行っている。

また昨年の2021年12月に発表した産業用小型空撮用機体『 蒼天 』は経済産業省が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を通じて実施した「安全安心なドローン基盤技術開発」事業の成果を活用し、開発から量産化を実現した今後大注目のドローンである。

 ACSLの実績 

  • 日本初補助者なし目視外飛行を実現
  • ISO9001・JUAV認定第一号を取得
  • 世界で初めて上場したドローン専業メーカー

取り扱い製品

詳しく知りたい方は画像をクリック ↓

 

      SOTEN 小型空撮ドローン             PF2 産業用プラットフォーム

   Fi4 閉鎖環境点検ドローン               Air Truck 物流用ドローン

 

 

>ドローンスクール×国産ドローン

ドローンスクール×国産ドローン

近年『空の産業革命』と呼ばれ著しい発展を遂げているドローン業界ですが、様々な国際問題等により脱中国製の動きが活発になってまいりました。
もう既に中国製ドローン排除の制限がかかり始めています。
官公庁職員の方やインフラ点検を行なっている事業者様等幅広い方々の導入実績があります。

蒼天SOTEN・PF2・Fi4やドローンスクールについては下記よりお問合せください 。

CTR IMG