loader image

ACSL主催、業務の幅が広がる!レーザー・写真測量に適した国産ドローンのご紹介& 経済産業省『ものづくり補助金』活用WEBセミナー ~1月17日(水)15時よりZoomウェビナーにて開催~

  • ACSLは、2024年1月17日(水)15時より、「業務の幅が広がる!レーザー・写真測量に適した国産ドローンのご紹介と経済産業省『ものづくり補助金』活用 WEBセミナー」を実施
  • 本セミナーでは、ACSLが提供する2つの新製品、レーザー測量用ドローン「ACSL-PF2 Survey」と「RTK-SOTEN」をご紹介し、経済産業省『ものづくり補助金』の活用方法を解説

株式会社ACSL (本社:東京都江戸川区、代表取締役CEO:鷲谷聡之、以下、ACSL)は、2024年1月17日(水)15時より、「業務の幅が広がる!レーザー・写真測量に適した国産ドローンのご紹介と経済産業省『ものづくり補助金』活用 WEBセミナー」を実施したします。

  ACSL主催、業務の幅が広がる!レーザー・写真測量に適した国産ドローンのご紹介& 経済産業省『ものづくり補助金』活用WEBセミナー ~1月17日(水)15時よりZoomウェビナーにて開催~

■セミナー概要
測量は、土木工事や建築、都市計画から地図作りなどあらゆる場面で実施されていますが、測量機器を使って人が行う測量は大変な手間とコストがかかることから、ドローンの測量への活用が積極的に進められてきました。一方で、昨今の経済安全保障を重視する流れを受けて、ドローン業界においてもセキュリティ意識が高まっており、海外製のドローンを使用できない現場や業務も出てきております。
そうした背景から、顧客のニーズに沿った、測量に活用できる国産ドローンとしてACSLが発表したのが「ACSL-PF2 Survey(測量)」です。ACSLの国産ドローンに国内外で実績豊富なYellowScan製のLiDARを搭載したACSL-PF2 Surveyは、レーザーを地表へ照射して反射したレーザー光線の情報を基に地表との距離を測定するため、樹木間をすり抜けて地表まで到達することで伐採前の山林などでも地形を測量可能となり、高精細なデータを取得することができることがきます。

また、2021年12月に発表した小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」は、すでに写真測量の現場で活用され始めています。2023年9月より、GNSS補正データ配信サービスを利用することでセンチメートル級の高精度な測位が可能なRTKモジュール「RTK-SOTEN」の受注を開始しており、今まで以上の高精度な測位が可能となることで、写真測量だけでなく公共測量までカバーできるようになりました。

本セミナーでは、ACSLが提供する2つの新製品、「ACSL-PF2 Survey」と「RTK-SOTEN」のご紹介をさせていただきます。また、「ドローンを導入したいが費用面が不安」という方に、経済産業省『ものづくり補助金』の活用方法を解説させていただきます。上限最大1,250万円(補助率2/3)と額も大きく、生産性向上を目指して設備投資を計画する中小企業・小規模事業者にて多く利用されている補助金です。

■開催概要
・主催:株式会社ACSL、株式会社IWAMOTO
・開催日:2024年1月17日(水)15時~16時
・形式:オンライン(Zoomウェビナー)
・参加費:無料
・講師:株式会社ACSL 事業開発ユニット
Yellow Scan Japan 稲葉 伸二氏
STMコンサルティング コンサルタント 奈良 征哉氏

■お申込み

以下URLよりお申込みください。

 

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_e5Hu5n8uQPm8DdkH5QcSfQ

PDFはこちらよりご覧いただけます。

>ドローンスクール×国産ドローン

ドローンスクール×国産ドローン

近年『空の産業革命』と呼ばれ著しい発展を遂げているドローン業界ですが、様々な国際問題等により脱中国製の動きが活発になってまいりました。
もう既に中国製ドローン排除の制限がかかり始めています。
官公庁職員の方やインフラ点検を行なっている事業者様等幅広い方々の導入実績があります。

蒼天SOTEN・PF2・Fi4やドローンスクールについては下記よりお問合せください 。

CTR IMG